- English - Japanese -

日本旅行のための東京観光情報

TOKYO SIGHTSEEING AREA

HOME » AREA » ユニークな | 建築 | 渋谷 | 現代美術 | 芸術 » 原美術館

原美術館

[芸術] [現代美術] [美術館] [建築]

【総合】 観光おすすめ度
★★★★★★☆☆☆☆ (6.0/10.0)

特長
○楽しい
○美しい
△癒される
◎ユニークな
△日本的な

TRY JAPANのおすすめ!

・現代美術の展覧会を鑑賞すること
・渡辺仁により設計された昭和時代の初期の民家の雰囲気を楽しむこと

閑静な住宅街にある現代美術の美術館

原美術館は、先進的な芸術作品が展示される現代美術美術館です。

昭和時代(1926年-1989年)の1938年に建てられた渡辺仁(1887年-1973年)の設計による民家が美術館として使用されており、現代美術に関する展覧会が開催されます。約1,000点の現代美術のコレクションがあり、建物の中にある宮島達男氏(1957年-現在)の「時の連鎖」や庭にあるソル・ルウィット(1928年-2007年)の「不完全な立方体」など、随所に常設展示の作品が点在しています。

「ポ リフィーロの夢」(2014年4月19日(土曜日)~2014年6月29日(日曜日))は、ヨーロッパの芸術とアメリカや日本 のアニメーションの影響が反映されたニコラ・ビュフ氏(1978年-現在)の作品を鑑賞できる展覧会でした。美術館に入るところから順路に沿って物語が展 開する流れがあり、美術 作品と美術館が調和していることが印象的でした。拡張現実の技術が活用されていることもあり、臨場感のある体験型の展覧会でした。

1979年に開館しました。住宅街にある、中規模の私立美術館です。東京都品川区の北品川にあります。最寄駅は品川駅です

余談ですが、原美術館の別館として、磯崎新氏(1931年-現在)により設計された群馬県の伊香保温泉にハラミュージアムアークがあります。

イベント情報

「加藤泉 ‐LIKE A ROLLING SNOWBALL‐」
2019年8月10日(土曜日)~2020年1月13日(月曜日・祝日)

終了したイベント情報

「蜷川実花:Self-image」
2015年1月24日(土曜日)~2015年5月10日(日曜日)

「サイ トゥオンブリー:紙の作品、50年の軌跡」
2015年5月23日(土曜日)~2015年8月30日(日曜日)

「そこにある、時間 ‐ドイツ銀行コレクションの現代写真」
2015年9月12日(土曜日)~2016年1月11日(月曜日・祝日)

「ハラドキュメンツ10 佐藤雅晴‐東京尾行」
2016年1月23日(土曜日)~2016年5月8日(日曜日))
※展覧会会期中、原美術館ギャラリーⅢ、Ⅳ、Ⅴにて「原美術館コレクション:トレース」が併催されます。

「みんな、うちのコレクションです」
2016年5月28日(土曜日)~2016年8月21日(日曜日)

「篠山紀信展 快楽の館」
2016年9月3日(土曜日)~2017年1月9日(月曜日・祝日)

「エリザベス ペイトン:Still life 静/生」
2017年1月21日(土曜日)~2017年5月7日(日曜日)

「蜷川実花 うつくしい日々」
2017年5月10日(水曜日)~2017年5月19日(金曜日)

「メルセデス・ベンツ アート・スコープ 2015-17 ‐漂泊する想像力‐ 泉太郎|メンヤ・ステヴェンソン|佐藤時啓」
2017年5月27日(土曜日)~2017年8月27日(日曜日)

「田原桂一「光合成」with田中泯」
2017年9月9日(土曜日)~2017年12月24日(日曜日)

「現代美術に魅せられて ‐原俊夫による原美術館コレクション展‐」
2018年1月6日(土曜日)~2018年6月3日(日曜日)

「小瀬村真美:幻画~像(イメージ)の表皮」
2018年6月16日(土曜日)~2018年9月2日(日曜日)

「リー・キット ‐僕らはもっと繊細だった。‐」
2018年9月16日(日曜日)~2018年12月24日(月曜日・振替休日)

「ソフィカル-限局性激痛 原美術館コレクションより」
2019年1月5日(土曜日)~2019年3月28日(木曜日)

「INTERPRETATIONS, TOKYO ‐17世紀絵画が誘う現代の表現‐」
2019年3月29日(金曜日)~2019年3月31日(日曜日)

「The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project」
2019年4月13日(土曜日)~2019年7月28日(日曜日)

所要時間
通常の場合には1時間30分、お急ぎの場合には1時間、ゆっくり過ごす場合には2時間が目安になります。

開館時間
11時00分から17時00分(最終入場:16時30分)までになります。なお、祝日ではない水曜日は11時00分から20時00分(最終入場:19時30分)までになります。

休館日
毎週月曜日、年末年始および展示替期間です。

入場料金
大人は1,100円、大学生および高校生は700円、中学生および小学生は500円です。

アクセス
品川駅から徒歩15分になります。

鉄道最寄駅
○品川駅(JR東日本:山手線、京浜東北線、東海道本線、横須賀線)
○品川駅(JR東海:東海道新幹線)
○品川駅(京急電鉄:本線)

同行者
◎一人で ◎友人と一緒に ◎恋人と一緒に ◎家族と一緒に ◎子どもと一緒に

英語表記
Hara Museum of Contemporary Art

ローマ字表記
Hara Bijutsukan

日本語表記
原美術館
はらびじゅつかん

住所
〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-25

電話番号
03-3445-0651

URL
http://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/

地図

Purpose: 建築

Purpose: 現代美術

Purpose: 芸術

Page Top