- English - Japanese -

日本旅行のための東京観光情報

TOKYO SIGHTSEEING AREA

山種美術館

[芸術] [日本美術] [美術館]

【総合】 観光おすすめ度
★★★★★★☆☆☆☆ (6.0/10.0)

特長
△楽しい
◎美しい
○癒される
◎ユニークな
◎日本的な

TRY JAPANのおすすめ!

・日本画の展覧会を鑑賞すること

「日本で最も伝統のある日本画の専門美術館」

山種美術館は、山種コレクションが展示される日本画の専門美術館です。

山種コレクションは、山種証券(現在はSMBCフレンド証券)創業者の山崎種二(1893年‐1983年)により収集された個人コレクションです。約1,800点の日本画を中心とするコレクションがあります。

速水御舟(1894年‐1935年)の「炎舞」および「名樹散椿」、村上華岳(1888年‐1939年)の「裸婦図」、竹内栖鳳(1864年‐1942年)の「班猫」、椿椿山(1801年‐1854年)の「久能山真景図」、岩佐又兵衛(1578年‐1650年)の「官女観菊図」の6点が重要文化財に指定されています。

また、横山大観(1868年‐1958年)、奥村土牛(1889年‐1990年)など、日本を代表する様々な画家の作品があります。葛飾北斎(1760年‐1849年)の富嶽三十六景「凱風快晴」などの浮世絵もあります。

特別展と通常展が開催されます。1年間に5回から6回の展覧会が開催されます。

地下1階に企画展示室山種コレクションルームの2つの展示室があります。企画展示室においては、展覧会のテーマに沿った作品が展示されます。また、山種コレクションルームにおいては、山種コレクションの作品が展示されます。常設展示はなく、随時、展示替が行われます。

特別展「富士山世界文化遺産登録記念 富士と桜と春の花」(2014年3月11日(火曜日)~2014年5月11日(日曜日))は、地下1階の展覧会場において最初に展示されている横山大観の「霊峰不二」をはじめとするたくさんの素晴らしい作品のある展覧会でした。

特に、「富士」など、石田武(1922年‐2010年)の作品の美しさが印象に残りました。また、奥村土牛の「吉野」は、実際には大きくて雄大な雰囲気のある作品で新鮮な驚きがありました。

また、1階において、重要文化財である速水御舟の「炎舞」をはじめとする山種美術館のコレクションを特集した約17分間の映像を見ることができます。

その他、1階にCafe椿というカフェがあり、明るくて開放感のある空間で、展覧会のテーマに関連した特製の和菓子を楽しむこともできます。

1966年に開館しました。商業地にある、民間の小さい美術館です。東京都渋谷区の広尾にあります。最寄駅は恵比寿駅です。

イベント情報

山種美術館広尾開館10周年記念特別展:花・Flower・華 ‐四季を彩る‐」
2019年4月6日(土曜日)~2019年6月2日(日曜日)

山種美術館広尾開館10周年記念特別展:生誕125年記念 速水御舟」
2019年6月8日(土曜日)~2019年8月4日(日曜日)

山種美術館広尾開館10周年記念特別展:Seed 山種美術館日本画アワード2019 ‐未来をになう日本画新時代‐」
2019年8月10日(土曜日)~2019年8月23日(金曜日)

山種美術館広尾開館10周年記念特別展:大観・玉堂・龍子 ‐日本画のパイオニア‐」
2019年8月31日(土曜日)~2019年10月27日(日曜日)

山種美術館広尾開館10周年記念特別展:東山魁夷の青・奥田元宋の赤 ‐色で魅せる日本画‐」
2019年11月2日(土曜日)~2019年12月22日(日曜日)

山種美術館広尾開館10周年記念特別展:スーパーご長寿 ‐若沖・北斎・大観・土牛‐」
2020年1月3日(金曜日)~2020年3月1日(日曜日)

終了したイベント情報

「花と鳥の万華鏡 ‐春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥‐」
2015年2月11日(水曜日・祝日)~2015年4月12日(日曜日)

「特別展:上村松園生誕140年記念 松園と華麗なる女性画家たち」
2015年4月18日(土曜日)~2015年6月21日(日曜日)

「生誕130年記念 前田青邨と日本美術院 ‐大観・古径・御舟‐」
2015年6月27日(土曜日)~2015年8月23日(日曜日)
※この展覧会の期間中、速水御舟の重要文化財「炎舞」が公開されます。

「特別展:琳派400年記念 ‐琳派と秋の彩り‐」
2015年9月1日(火曜日)~2015年10月25日(日曜日)

「特別展:<<裸婦図>>重要文化財指定記念 村山華岳 ‐京都画壇の画家たち」
2015年10月31日(土曜日)~2015年12月23日(水曜日・祝日)

「特別展:伊藤若冲生誕300年記念 ゆかいな若冲・めでたい大観 ‐HAPPYな日本美術‐」
2016年1月3日(日曜日)~2016年3月6日(日曜日)

「開館50周年特別展:奥村土牛 ‐画業ひとすじ100年のあゆみ‐」
2016年3月19日(土曜日)~2016年5月22日(日曜日)

「開館50周年特別展:Seed山種美術館日本画アワード2016 ‐未来をになう日本画新世代‐」
2016年5月31日(火曜日)~2016年6月26日(日曜日)

「開館50周年特別展:山種コレクション名品選Ⅰ 江戸絵画への視線 ‐岩佐又兵衛から江戸琳派へ‐」
2016年7月2日(土曜日)~2016年8月21日(日曜日)

「開館50周年特別展:山種コレクション名品選Ⅱ 浮世絵六大絵師の競演 ‐春信、清長、歌麿、写楽、北斎、広重‐」
2016年8月27日(土曜日)~2016年9月29日(木曜日)

「開館50周年特別展:速水御舟の全貌 ‐日本画の破壊と創造‐」
2016年10月8日(土曜日)~2016年12月4日(日曜日)

「開館50周年特別展:山種コレクション名品選Ⅲ 日本画の教科書 京都編 ‐栖鳳、松園から竹喬、平八郎へ‐」
2016年12月10日(土曜日)~2017年2月5日(日曜日)

「開館50周年特別展:山種コレクション名品選Ⅳ 日本画の教科書 東京編 ‐大観、春草から土牛、魁夷へ‐」
2017年2月16日(木曜日)~2017年4月16日(日曜日)

「企画展:花*Flower*華 ‐琳派から現代へ‐」
2017年4月22日(土曜日)~2017年6月18日(日曜日)

「特別展:没後50年記念 川端龍子 ‐超ド級の日本画‐」
2017年6月24日(土曜日)~2017年8月20日(日曜日)

「企画展:上村松園 ‐美人画の精華‐」
2017年8月29日(火曜日)~2017年10月22日(日曜日)

「特別展:没後60年記念 川合玉堂 ‐四季・人々・自然‐」
2017年10月28日(土曜日)~2017年12月24日(日曜日)

「企画展:生誕150年記念 横山大観 ‐東京画壇の精鋭‐」
2018年1月3日(水曜日)~2018年2月25日(日曜日)

「企画展:桜 さくら SAKURA 2018 ‐美術館でお花見!‐」
2018年3月10日(土曜日)~2018年5月6日(日曜日)

「特別展:琳派 ‐俵屋宗達から田中一光へ‐」
2018年5月12日(土曜日)~2018年7月8日(日曜日)

「企画展:水を描く ‐広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお‐」
2018年7月14日(土曜日)~2018年9月6日(木曜日)

「企画展:日本美術院創設120年記念 日本画の挑戦者たち‐大観・春草・古径・御舟‐」
2018年9月15日(土曜日)~2018年11月11日(日曜日)

「特別展:皇室ゆかりの美術 ‐宮殿を彩った日本画‐」
2018年11月17日(土曜日)~2019年1月20日(日曜日)

山種美術館広尾開館10周年記念特別展:生誕130年記念 奥村土牛」
2019年2月2日(土曜日)~2019年3月31日(日曜日)

所要時間
通常の場合には1時間30分、お急ぎの場合には1時間、ゆっくり過ごす場合には2時間が目安になります。

開館時間
10時00分から17時00分(最終入場:16時30分)までになります。なお、特別展の場合には、開館時間が変更になることがあります。

休館日
毎週月曜日、展示替期間および年末年始です。月曜日が国民の祝日および振替休日にあたる場合には、開館日になるとともに、その次の平日が休館日になります。

入場料金
通常展と特別展では入場料金が異なります。通常展の場合には、大人は1,000円、高校生・大学生は800円です。中学生以下の方は無料になりますが、保護者の同伴が必要になります。特別展の場合には、展覧会により異なります。ご参考までに、「山種美術館広尾開館10周年記念特別展:生誕130年記念 奥村土牛」の場合には、大人は1,200円、高校生・大学生は900円、中学生以下の方は無料でした。

アクセス
恵比寿駅から徒歩10分です。

鉄道最寄駅
◎恵比寿駅(JR東日本:山手線、埼京線)
◎恵比寿駅(東京メトロ:日比谷線)

同行者
◎一人で ◎友人と一緒に ◎恋人と一緒に ◎家族と一緒に ○子どもと一緒に

英語表記
Yamatane Museum of Art

ローマ字表記
Yamatane Bijutsukan

日本語表記
山種美術館
やまたねびじゅつかん

住所
〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36

電話番号
03-5777-8600

URL
http://www.yamatane-museum.jp

地図

Page Top