- English - Japanese -

日本旅行のための東京観光情報

TOKYO SIGHTSEEING AREA

HOME » AREA » ユニークな | 前向きに検討♪ | 建築 | 新宿 | 美しい | 美術全般 | 芸術 » 損保ジャパン日本興亜美術館

損保ジャパン日本興亜美術館

[芸術] [美術全般] [美術館] [建築]

【総合】 観光おすすめ度
★★★★★★☆☆☆☆ (6.0/10.0)

特長
○楽しい
◎美しい
○癒される
◎ユニークな
○日本的な

TRY JAPANのおすすめ!

・ゴッホの「ひまわり」を鑑賞すること
・東郷青児の作品を鑑賞すること
・グランマ・モーゼスの作品を鑑賞すること

損保ジャパン日本興亜本社ビルの42階にある美術館

損保ジャパン日本興亜美術館は、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853年-1890年)の「ひまわり」のコレクションで有名な美術全般美術館です。

常設展示期間展示から構成され、前半が期間展示、後半が常設展示になっています。ゆったりとした空間のある居心地の良い美術館です。

常設展示が素晴らしいです。どのような展覧会の時に訪れても常設展示を鑑賞できることは魅力的です。特に、正面向かって中央に「ひまわり」、左にポール・セザンヌ(1839年-1906年)の「りんごとナプキン」、右にポール・ゴーギャン(1848年-1903年)の「アリスカンの並木道、アルル」が展示されているスペースは、日本の美術館における最高の常設展示コーナーの一つであると思います。ゴッホのひまわりは、イメージよりも大きくて立体感があるという印象を持ちました。また、東郷青児(1897年-1978年)の「望郷」や「コントラバスを弾く」などの作品も魅力的です。「砂糖作り」をはじめとするグランマ・モーゼス(1860年-1961年)の作品は心温まる絵画でした。なお、展示替や他館への貸出などの理由により、「ひまわり」をはじめとする所蔵作品は展示されない期間もありますので、事前にご確認いただくことが望ましいです。

特別展をはじめとする期間展示も素晴らしいです。「FACE展2014 損保ジャパン美術賞展」(2014年2月22日(土曜日)から2014年3月30日(日曜日)まで)においては、大賞を受賞した川島優氏(1988年-現在)の「Toxic」をはじめとする作品が展示されていました。

損保ジャパン日本興亜本社ビルの42階にあり、展覧会の作品のある部屋までの通路からの展望は素晴らしいです。東側に景色を遮る高層ビルがないため、東京体育館、新宿御苑、新宿駅などの眺めは圧巻です。

1976年に開館しました。商業地にある、中規模の私立美術館です。東京都新宿区の西新宿にあります。最寄駅は新宿駅などです。

株式会社損害保険ジャパンと日本興亜損害保険株式会社との合併に伴い、2014年9月1日(月曜日)に、正式名称が東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館になりました。

イベント情報

「日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念 カール・ラーション ‐スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家‐」
2018年9月22日(土曜日)~2018年12月24日(月曜日・振替休日)

「美術館で楽しむクリスマスミニアカペラコンサート」
2018年12月15日(土曜日)

「絵画のゆくえ2019 FACE受賞作家展」
2019年1月12日(土曜日)~2019年2月17日(日曜日)

「FACE展2019 損保ジャパン日本興亜美術賞展」
2019年2月23日(土曜日)~2019年3月30日(土曜日)

「シャルル=フランソワ・ドービニー展」
2019年4月20日(土曜日)~2019年6月30日(日曜日)

「みんなのレオ・レオーニ展」
2019年7月13日(土曜日)~2019年9月29日(日曜日)

「FACE展2020 損保ジャパン日本興亜美術賞展」
2020年2月15日(土曜日)~2020年3月15日(日曜日)

終了したイベント情報

「FACE展2015 損保ジャパン日本興亜美術賞展」
2015年2月21日(土曜日)~2015年3月29日(日曜日)

「ユトリロとヴァラドン 母と子の物語 ‐スュザンヌ・ヴァラドン生誕150年‐」
2015年4月18日(土曜日)~2015年6月28日(日曜日)

「旅の風景 安野光雅 ヨーロッパ周遊紀行」
2015年7月7日(火曜日)~2015年8月23日(日曜日)

「もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20's Paris カリエール、アマン=ジャン、ル・シダネル...」
2015年9月5日(土曜日)~2015年11月8日(日曜日)

「青児とパリの美術 ~東郷青児のコレクションより~」
2015年11月21日(土曜日)~2015年12月23日(水曜日・祝日)

「絵画のゆくえ2016 FACE受賞作家展」
2016年1月9日(土曜日)~2016年2月14日(日曜日)

「FACE展2016 損保ジャパン日本興亜美術賞展」
2016年2月20日(土曜日)~2016年3月27日(日曜日)

「フランスの風景 樹をめぐる物語 ‐コローからモネ、ピサロ、マティスまで‐」
2016年4月16日(土曜日)~2016年6月26日(日曜日)

「魔法の美術館 光と影のイリュージョン」
2016年7月12日(火曜日)~2016年8月28日(日曜日)

「没後110年 カリエール展」
2016年9月10日(土曜日)~2016年11月20日(日曜日)

「風景との対話 コレクションが誘う場所」
2016年11月26日(土曜日)~2016年12月25日(日曜日)

「クインテットⅢ ‐五つ星の作家たち‐」
2017年1月14日(土曜日)~2017年2月19日(日曜日)

「FACE展2017 損保ジャパン日本興亜美術賞展」
2017年2月25日(土曜日)~2017年3月30日(木曜日)

「フランス絵画の宝庫 ランス美術館展 ‐ダヴィット、ドラクロア、ピサロ、ゴーギャン、フジタ‐」
2017年4月22日(土曜日)~2017年6月25日(日曜日)

「生誕140年 吉田博展 ‐山と水の風景‐」
2017年7月8日(土曜日)~2017年8月27日(日曜日)

「中秋の名月特別夜間延長デーイベント:ミニコンサート」
2017年10月4日(水曜日)

「生誕120年 東郷青児展 ‐抒情と美のひみつ‐」
2017年9月16日(土曜日)~2017年11月12日(日曜日)

「美術館で楽しむクリスマスミニアカペラコンサート」
2017年12月2日(土曜日)

「日本・デンマーク国交樹立150年記念 デンマーク・デザイン」
2017年11月23日(木曜日・祝日)~2017年12月27日(水曜日)

「クインテットⅣ ‐五つ星の作家たち‐」
2018年1月13日(土曜日)~2018年2月18日(日曜日)

「FACE展2018 損保ジャパン日本興亜美術賞展」
2018年2月24日(土曜日)~2018年3月30日(金曜日)

「ターナー 風景の詩」
2018年4月24日(火曜日)~2018年7月1日(日曜日)

「巨匠たちのクレパス画展 ‐日本近代から現代まで 岡本太郎、梅原龍三郎、小磯良平、熊谷守一、猪熊弦一郎・・‐」
2018年7月14日(土曜日)~2018年9月9日(日曜日)

所要時間
通常の場合には1時間30分、お急ぎの場合には1時間、ゆっくり過ごす場合には2時間が目安になります。

開館時間
10時00分から18時00分(最終入場:17時30分)までになります。その他、展覧会により、金曜日の開館時間が延長される場合があります。

休館日
毎週月曜日、展示替期間および年末年始は休館日になります。月曜日が国民の祝日または振替休日にあたる場合には、開館日になります。

入場料金
展覧会により異なります。たとえば、「FACE展2014 損保ジャパン美術賞展」の場合には、一般500円、高校生・大学生300円、中学生以下は無料です。また、「ゴッホの原点 オランダ・ハーグ派展 近代自然主義絵画の成立」の場合には、一般1,000円、65歳以上のシルバー800円、高校生・大学生600円、中学生以下は無料です。65歳以上の方は年齢のわかるもの、高校生・大学生は学生証を、中学生は生徒手帳を提示することが必要になります。その他、10月1日のお客様感謝デーには、入場料金が無料になります。

アクセス
新宿駅から徒歩5分です。

鉄道最寄駅
◎西新宿駅(東京メトロ:丸ノ内線)
◎新宿西口駅(都営地下鉄:大江戸線)
◎新宿駅(JR東日本:山手線、埼京線、湘南新宿ライン、中央線、中央本線、総武線、その他)
◎新宿駅(東京メトロ:丸ノ内線)
◎新宿駅(都営地下鉄:新宿線、大江戸線)
◎新宿駅(京王電鉄:京王線、京王新線)
◎新宿駅(小田急電鉄:小田原線)
◎西武新宿駅(西武鉄道:新宿線)
○都庁前駅(都営地下鉄:大江戸線)

同行者
◎一人で ◎友人と一緒に ◎恋人と一緒に ◎家族と一緒に △子どもと一緒に

英語表記
Seiji Togo Memorial Sompo Japan Nipponkoa Museum of Art

ローマ字表記
Sompo Japan Nipponkoa Bijutsukan

日本語表記
損保ジャパン日本興亜美術館
そんぽじゃぱんにっぽんこうあびじゅつかん

住所
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル42F

電話番号
03-5405-8686

URL
http://www.sjnk-museum.org/

地図

Purpose: 建築

Purpose: 美術全般

Purpose: 芸術

Page Top