- English - Japanese -

日本旅行のための東京観光情報

TOKYO SIGHTSEEING AREA

HOME » AREA » その他 | ユニークな | 多摩 | 科学 » 南極・北極科学館

南極・北極科学館

[科学] [博物館]

【総合】 観光おすすめ度
★★★★★★☆☆☆☆ (6.0/10.0)

特長
○楽しい
○美しい
○癒される
◎ユニークな
○日本的な

TRY JAPANのおすすめ!

・南極観測の歴史を知ること
・雪上車を見ること
・南極の氷の冷たさを体験すること
・隕石の質感を体験すること
・オーロラシアターでオーロラの映像を見ること

極地の雰囲気を体験できる本格的な博物館

南極・北極科学館は、極地探検の世界を知ることができる科学博物館です。

科学の観測とともに基地の運営などを含む極地調査の全体像を知ることのできる本格的な博物館です。特に、「日本南極観測隊」や「604」などの文字が描かれている雪上車の展示は圧巻です。雪上車の中に入って広さを確認したり、顔を出して天井の窓からの景色を眺めたりすることができます。雪上車が登場する南極観測隊の記録映像を見ると臨場感が湧きます。また、南極基地のジオラマや設営部門の記録映像も興味深いです。基地の住居が再現されており、居住環境の改善が実現していることを確認することもできます。

南極の氷の冷たさや隕石の質感を体験できることも魅力的です。コウテイペンギンをはじめとする動物のはく製も展示されています。また、タロやジロをはじめとするカラフト犬に関する説明もあります。外庭には南極観測で活躍したカラフト犬のモニュメントがあります。ご参考までに、ジロの剥製は国立科学博物館において展示されています。

オーロラシアターにおいては、オーロラの映像を楽しむことができます。「ヒーリング・オーロラ4 2011年前半の昭和基地オーロラベスト集(2011年4月・7月、南極昭和基地)」(2014年5月)は、オーロラの出現により南極上空の色が幻想的に変化する様子が印象的でした。プラネタリウムのようなドーム型のスクリーンなので臨場感がありました。

先端技術に特化した日本科学未来館や科学全般をカバーする国立科学博物館とは異なり、極地調査の分野に特化した科学博物館です。

2010年に開館しました。国立極地研究所にある、国立の小さい博物館です。東京都立川市の緑町にあります。最寄駅は高松駅です。

イベント情報

「2019年度冬の企画展示:南極隕石展 ‐やまと隕石発見50周年‐」
2019年11月16日(土曜日)~20年2月29日(土曜日)

終了したイベント情報

「2015年度夏の企画展示 HOTでCOOLな北極のひみつ」
2015年7月4日(土曜日)~2015年9月12日(土曜日)

「2015年度冬の企画展示:南極・北極写真館」
2015年12月18日(金曜日)~2016年2月29日(月曜日)

「2016年度夏の企画展示:南極観測いまむかし ~南極観測60周年記念~」
2016年7月16日(土曜日)~2016年9月24日(土曜日)

「昭和基地60周年記念 南極まつり」
2017年1月29日(日曜日)

「2016年度冬の企画展示:昭和基地いまむかし ~昭和基地設立60周年記念~」
2016年11月8日(火曜日)~2017年2月25日(土曜日)

「春のミニ企画展示:南極フォトギャラリー ~JARE57-58 Memories~」
2017年3月25日(土曜日)~2017年6月中旬

「夏休み特別イベント:実演 氷河の流れを見てみよう!」
2017年8月16日(水曜日)
2017年8月24日(木曜日)
2017年8月29日(火曜日)

「実演 氷河の流れを見てみよう!」
2017年9月16日(土曜日)

「2017年度夏の企画展示:地球の証人!南極の石のひみつ」
2017年7月15日(土曜日)~2017年9月30日(土曜日)

「2017年度冬の企画展示:南極観測隊と動物たち」
2017年12月20日(水曜日)~2018年2月28日(水曜日)

「コラボレーションイベント:テレビアニメ 宇宙より遠い場所×国立極地研究所」
2018年3月31日(土曜日)

「国立極地研究所一般公開:極地研探検2018」
2018年8月4日(土曜日)

「2018年度夏の企画展示:雪と氷の大ぼうけん ~雪と氷のひみつ~」
2018年7月21日(土曜日)~2018年9月29日(土曜日)

「2018年度冬の企画展示①:南極観測隊と動物たちⅡ ~日本から南極へ行った動物 初期観測隊と歩んだ道~」
2018年11月1日(木曜日)~2019年2月28日(木曜日)

「2018年度冬の企画展示②:シモバシラ写真展」
2018年11月1日(木曜日)~2019年2月28日(木曜日)

「春の企画展示:南極点をめざして ‐極点旅行50年記念‐」
2019年3月15日(金曜日)~2019年5月31日(金曜日)

「国立極地研究所一般公開:極地研探検2019」
2019年8月3日(土曜日)

「2019年度夏の企画展示:のぞいてみよう!ペンギンワールド」
2019年7月27日(土曜日)~2019年9月28日(土曜日)

所要時間
通常の場合には1時間30分、お急ぎの場合には1時間、ゆっくり過ごす場合には2時間が目安になります。

開館時間
10時00分から17時00分(最終入場:16時30分)までになります。

休館日
毎週日曜日、毎週月曜日、祝日、振替休日および12月28日から翌年1月4日までの年末年始です。なお、祝日および振替休日は開館になる場合があります。

入場料金
無料です。

アクセス
高松駅から徒歩で約10分です。

鉄道最寄駅
◎ 高松駅(多摩モノレール:多摩都市モノレール線)

同行者
◎一人で ◎友人と一緒に ○恋人と一緒に ◎家族と一緒に ◎子どもと一緒に

英語表記
Polar Science Museum

ローマ字表記
Nankyoku Hokkyoku Kagakukan

日本語表記
南極・北極科学館
なんきょく・ほっきょくかがくかん

住所
〒190-0014 東京都立川市緑町10-3

電話番号
042-512-0910

URL
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/

地図

Page Top